今月は、先月同様8月発売予定の中から「ナイスブランチ・T形用」を紹介します。この商品は、ビル・マンション・ホテル・工場など、幹線ケ-ブル等の低圧配線の分岐接続(直線接続・分岐接続)を行った後の絶縁処理に使用する商品です。

 私共では、一般的に、直線接続・分岐接続を行う時に使用されるT形(C形)コネクタによる接続方法以外に裸圧着端子を使用する接続方法を提案しております。これは、一度分岐接続(T形)を完了した後、設計変更が生じた場合の施工困難を考えての提案です。従来品は、この両方(T形、裸圧着端子)に対応できるような商品でありました。

 ナイスブランチの一番の特長は、レジン注入が従来と比べて格段に容易になった事です。又、信頼性の高い施工をも実現しました。その秘密は、形状にあります。他社製品はどれもがケ-ブルをイメ-ジした円柱型です。この形状ですとどうしてもレジン注入口が小さくなり、注入しにくく、特に冬場などは容器全体にレジンがまわりにくくなり、施工不良が発生します。

 私共では、この形状をただの箱にしました。結果、注入口がオ-プンとなり、レジンが容易に容器全体にいきわたるようになりました。又、施工も両サイドをパテで塞ぐというシンプルな方法をとったことにより施工時間を大幅に短縮することに成功しました。

今回は、この商品をT形用と裸圧着端子用それぞれ専用にしました。結果、T形用は、レジン量も益々少量に、見た目も益々コンパクトになり、すっきり施工を実現させました。