最新情報【Vol.25】

今月は昨年飛躍的に販売数が伸びたナイスハットMタイプの設置できる場所について、

話をしたいと思います。

 一言でお話しするなら、湿気の少ない箇所であれば露出箇所、点検のできる隠ぺい箇所なら何処でも大丈夫です。具体的に記述してみましょう。

 

1)天井隠ぺい箇所(天井に入れる場所)

2)点検口付近

3)照明器具の開口付近(器具を外した時、点検口の代わりとなる部分)

4)人が入れるパッケ-ジ等の内部照明接続箇所

5)フリ-アクセスフロア内

 但し、この場合、どの場所にナイスハットMタイプを使用したかが分かるように

 フロア表面に何らかの表示をすること

6)湿気の少ない床下(点検できる箇所)

7)同上に類する、湿気の少ない箇所に応用することが可能

 

 いいかえれば、法的に問題があると判断されない限り、どこにでも使用できます。

 アイデアにより、使用範囲は、いくらでも広がります

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です