最新情報【Vol.32】

よくある質問

 

 

Q:通常の防水型ボックスには、水抜き穴が設けてありますが、ナイスハットM防水型に

  は、なぜ水抜き穴がないのでしょうか

 

A:一般的にボックス内に結露が生じるケ-スとは、ボックス内の水蒸気量と一定温度時

  の水蒸気量の差が結露となる場合です。これは、ボックスの設置された状態・環境が

大きく影響します。

   通常ボックスでは、配管が接続されていて、その配管を経由してくる空気・温度は

ボックス内の環境を変化させる大きな要素になり、ボックス内の水蒸気量や温度に影響を与えます。

  通常ボックスの大きさ(体積)では水分量が大きくなり、加えて配管からの温度に

  より、外部温度と内部温度に大きな差異が生じ結露が生じ、水抜き穴が必要となり

ます。

   一方、ナイスハット防水型は、ボックス内の体積が小さく、且つ、密閉された安定

した空間状況であるため、全体積の水分量が非常に小さく、設置されたボックスの

外部温度と内部温度に大きな差異が生じる事がなく、重大に至る結露までには至ら

ないことから、水抜き穴を設けておりません。

 尚、どうしても結露が心配されるケ-スがあるようでしたら、防水ボックスの中に

空間ができないようにレジン等を充填されることをお勧めします。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です