最新情報【Vol.33】

中国VOC規制について

 最近、お電話やメ-ルでGB(中国の国家強制規格)に定めるVOCに関するお問い合わせを多くいただきます。

 VOCとは、揮発性有機化合物(Volatile Organic Compoands)の略称で、塗料、印刷インク、接着剤、洗浄剤、ガソリン、シンナ-などに含まれるトリエン、キシレン、酢酸エチルなどが代表的な物質です。大気中の光化学反応により

光化学スモッグを引き起こす原因物質の一つとされます。

 中国では、国内での大気汚染対応の為、2020年12月1日からVOC規制の適用が始まる。接着剤、塗料、インク、洗浄剤等の化学品についてGB(中国の国家強制規格)に定めるVOC(揮発性有機化合物)含有制限値を超えるものは2020年12月1日以降、

中国国内での生産、もしくは中国への輸出が禁止されます。これは日本の多くの業種に影響が及ぶことが想定されます。

 ヨーロッパではRoHS指令、REACH規則。中国ではVOC規制。日本では大手が

各社独自で作っている規格グリ-ン調達があります。国内で世界何処にでも当てはまる統一した規格ができないものかと。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です