Vol.50

ジャンボびっくり見本市に出展して

 去る4月8日、9日、大阪、4月22日、23日東京にてジャンボびっくり見本が開催されました。大阪は昨年に引き続きの開催となり、東京はなんと3年ぶりの開催となりました。
 昨年の大阪は、まん延防止措置法が発令されている中での開催でした。今年は、まん延防止措置法が解除された後の展示会ではありましたが、コロナ第六波が治まりきらない中での開催であり、主催者側、出展メ-カ-側とも昨年実績を多少上回る程度と予想しておりました。
そのような予想の中、まず大阪ジャンボが開催されました。いざ蓋を開けてみますとオープン前から1000人余りのお客様がお並びになられ、コロナ前と変わらないスタ-トとなりました。これは主催者側、出展メ-カ-側ともうれしい悲鳴でありました。二日目こそ家族づれが少なかった事もあり若干少なめではありましたが、前年の1.5倍、
15000人ぐらいの来客があったようです。
続きまして東京ジャンボが開催されました。大阪とうってかわりオ-プン前のお客様はほとんどみえず、不安な立ち上がりではありましたが、因幡様の努力があり、従来の工事店様以外のお客様が多数来場され、二日間で1万人ぐらいの来場があったようです。
 大阪、東京でよく耳にした事は、「この業界の商品はやはり実際手に取ってみないと分からない物が多い」という声でした。ジャンボびっくり見本市が、この業界の起爆剤となり今後、全国でコロナ禍前のように展示会が開かれるといいですね。会場で流した動画が好評でした!

2022ジャンボ見本市

カワグチブース

カワグチいちおしコーナー

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

Vol.49